情報チャンネルBITSUHAN

ようこそゲスト様

美容業界でいちばんHOTなビューティーエッセンス(情報)を生中継!



講座茶 飲めば痩せるし、きれいになる…お茶はこんなにスゴイ!
実験からカフェインを含んだお茶で痩せることが明らかに。なかでも緑茶はビタミンCも豊富で美容にも効果的だとか。もっともっとお茶を知れば必ずキレイになる。

コレだけは注意して!お茶のベカラズ集
 お茶はダイエットにも美容にも効き目があるとはいえ、どんな飲み方をしても大丈夫というワケではありません。
●まず、鉄分の入っている薬をお茶で飲んではダメ。お茶の成分と鉄が融合して、体に悪影響を与えるタンニン鉄に変化してしまうのです。
●また、「宵越しのお茶は飲むな」という言い伝えがありますが、これも本当。急須や湯のみ茶碗に入れたまま一晩おくだけで成分のタンパク質が傷んでしまううえ、熱湯からだんだん冷めていく途中で微生物が繁殖しやすくなってしまうのです。せっかくのお茶もおいしく飲んでこそ効き目が表れる、というもの。この2つだけは絶対守って。


茶成分のすべてを摂取するには
食べ方 飲み方
   
茶がらの水分を切り、小皿に移してかつおぶしやのりとしょうゆを加えるだけで簡単なお茶うけに変身。食べきれない分は冷蔵庫へ。
または電子レンジで乾燥させ、もみつぶして粉状にし、ふりかけや、天ぷらを揚げるときにまぶして彩りにしても。
(1)やかんに水をいれ、沸騰させます。
(2)沸騰させたお湯を湯飲み茶碗に注ぎ、湯飲みを温めると同時に、お茶を入れるお湯の温度を60〜70度まで下げます。
(3)急須には、150ccのお湯に対して約5gと、多めに茶葉を入れておきます。湯飲み茶碗のお湯が適温になったら、急須に移し、1分半ほど蒸らします。
(4)めいめいの湯飲み茶碗に同じ濃さになるように少しずつ注ぎます。最後の一滴まで注ぎ切るようにして。

野草とその働き
昔、原住民は食べた事のない植物を食べる時は、片手にその植物を持って食べたという。万一、毒に当たって死んでも他の人に解るように。
商品名 ポイント 効果・効能
柿の葉 風邪、美容、美肌 動脈硬化、止血、咳、中風、高血圧、腎臓、歯ぐきの止血
菊の花 目の疲れ、高血圧 目の病気、利尿、頭痛、のぼせ、疲労回復
キダチアロエ 健胃整腸、便秘 咳、喘息、胸やけ、神経痛、血管強化
霊芝 肝臓、更年期 心臓、内臓強化
クコの葉 腎臓、肝臓、疲労回復 高血圧、低血圧、糖尿病、ボケ防止、強精、健胃、熱冷まし、動脈強化
クマザサ 内臓強化、強化 食欲増進、下痢、高血圧
どくだみ 肥満症、便秘 にきび、アトピー、アレルギー、痔、糖尿、浄血、神経痛、水虫
杜仲茶 高血圧、心臓 腎臓、腰痛、関節炎、強壮
ハトムギ いぼとり、シミ、荒肌 美容、解熱、制ガン作用、リュウマチ、健康、肥満、神経痛、糖尿病
ハブ茶 美容、便秘、肥満 じんましん、胃腸病、胃下垂、健胃
よもぎ 肩こり、冷え症 止血、強壮、高血圧、中風、頭痛、蓄膿症、眼精疲労、胃弱、神経痛
ビワの葉 美容、喉の痛み 喘息、咳、関節炎、リュウマチ、神経痛
紅花 美容、婦人病 美肌、冷え症、肥満、産前、産後、精神安定、更年期障害、生理不順
スギナ 利尿 解熱、せき止め

きれいになる1日のお茶の飲み方
毎日、何時ごろ、どのお茶を飲めば効果的なのか表にしたものがこれ。ただお茶を飲むだけでなく、
適当なタイミングでお茶を飲めばみるみる痩せていくはず。

この特集の商品を見る