情報チャンネルBITSUHAN

ようこそゲスト様

美容業界でいちばんHOTなビューティーエッセンス(情報)を生中継!


リンスとトリートって??
●リンス(rinse)
洗髪後の仕上げのすすぎ。またそのための液そのものをさす。シャンプーの後あるいはパーマやヘアダイ後のアルカリ性になった毛を、本来の微酸性に戻すために使用した酸リンスがリンス剤の始まりである。
現在、使われているものはクリームリンス、ヘアコンディショナーとも呼ばれ、油分が配合され、これらの乳化には非イオン活性剤とカチオン活性剤が用いられている。
リンスの種類
一口にリンスといってもその目的や用途に
よりいくつかの種類に分類することができます。
アシッドリンス(酸リンス)
パーマ、カラリングなどでアルカリに傾いた毛髪を元の弱酸性の状態に戻す中和作用がある。いわゆる中間リンスのこと。
オイルクリームリンス
毛髪に油分を補給し、毛髪のツヤ、クシ通りをよくしたもの。均一に毛髪全体に残脂して毛髪に油分の補給をし、乾燥を防ぐことが目的である。通常リンスといったらこれを指す。
サンスクリーンリンス
毛髪は紫外線に当たりすぎると、損傷して硬化し、脆くなることがある。この光による光線変性を防ぐ紫外線吸収剤が含まれたもの。
●トリートメント(treatment)
頭毛をすこやかに保つための頭髪用化粧品。油脂分の含有量が多く、モイスチャー(湿気、水分)効果を高める成分やプロティンと称する可溶性タンパク、PPTなどの保護剤が配合されている。
トリートメントの種類
トリートメント
スキャルプトリートメント
頭皮の状態を正常に、健やかに保つ。主な製品に、脱毛防止育毛トリートメント(脱毛しそうな毛の寿命を延ばし、健康な毛髪を維持)、フケ用トリートメント〔乾性・脂性フケ用がある〕止痒 しよう トリートメント(かぶれなどによるかゆみを止める)がある。
ヘアトリートメント
外部の損傷から頭髪を保護する目的がある。損傷毛に対するトリートメント、カラリング対応のトリートメントがある。通常トリートメントといったらこれが当てはまる。