情報チャンネルBITSUHAN

ようこそゲスト様

美容業界でいちばんHOTなビューティーエッセンス(情報)を生中継!



特集トップページへ戻る

健康茶 紅花茶





花は心臓病の治療薬として種子は体のバランスを整える。

紅花はキク科ベニバナ属の1年草で小アジア、北アフリカ、エジプトが原産です。日本では山形県で多く栽培されています。オレンジ色の花を採取し、乾燥し、圧縮したものは染料・紅の原料として使用されます。花を乾燥させたものは薬用にも使用され、婦人病、冷え性をはじめ、動脈硬化、狭心症の予防やコレステロール値を下げる作用、血管をつまらせるアテロームを溶かす作用などがあります。紅花の色素の主成分であるフラボンやカルコンには調整作用があり、便秘・下痢にも効果があります。
効果
・婦人病予防・冷え性予防
・動脈硬化予防
・狭心症予防
・コレステロール低下作用
・整腸作用

【飲み方】
●やかんに水約600mlを入れ大さじ1〜2杯を目安に煮出してお飲み下さい。
●急須の場合は大さじ1〜2杯を入れ熱湯を注いでお好みの濃さでいただきます。

この特集の商品を見る
特集トップページへ戻る