情報チャンネルBITSUHAN

ようこそゲスト様

美容業界でいちばんHOTなビューティーエッセンス(情報)を生中継!



ストレスをため込まないストレスレスな生活が1番!でも、もしひいてしまったら!?
「心の風邪」はひきはじめが肝心!

最近、「心の風邪」をこじらせてしまう人が急増しています。
自律神経失調症、パニック障害、そしてうつ病…。
仕事や人間関係で過度のストレスをためすぎて
頑張りすぎてしまったために電池がフッと切れてしまうのです。

今の時代、決して他人事ではありません。
身近な人が、そして自分がいつ「風邪」をひいても
おかしくない現代なのです。
まずは急増中の「心の風邪」の正体をつかんで、
自分ができることを理解しよう。

心の風邪

bitsuhanリサーチ 「心の風邪」をひきやすい年代は?男性 女性 年齢 8 10 0〜19才 9 40 20〜29才 18 69 30〜39才 18 31 40〜49才 20 32 50〜59才 13 42 60〜69才 3 33 70才〜 20〜30代の女性に多い
1心の風邪を理解する →自分の心を健康チェック

うつ病

自律神経失調症

パニック障害

自律神経失調症、パニック障害、うつ病…この3つは特に女性に増えています。今の女性は、みんながんばりやさん。恋に、仕事に、人間関係に頑張りすぎて過度のストレスをためすぎているのが原因です。

2うつ病のすすみ具合を理解しよう!
うつはある日突然なるものではなくジワジワと進行し、良くなったり悪くなったりするもの。もはや他人事とはおもえない「うつ病」のケースをQ&A方式で解説!

うつ初期状態
   ▼
うつ悪化状態
   ▼
うつ回復期の状態

3先生が教える20の言霊治療 →今すぐ読む

心の風邪は一度ふっと入ってしまうと抜けられない迷路のようなもの。もし、あなたを含めた誰かが「心の風邪」をひいてしまったらこの言霊治療で出口に導いてあげよう。

4こんな時どうする?うつ病ケーススタディ
こんな時どうしたらいいの?友達や家族を助けてあげたいけれど、力になれない。誰に聞いていいのかも分からない…よく遭遇しがちなケースをクイズ感覚で学んでみよう。

同僚や友人がうつになった場合…

職場復帰後の人の接し方