情報チャンネルBITSUHAN

ようこそゲスト様

美容業界でいちばんHOTなビューティーエッセンス(情報)を生中継!




スキンケア特集 化粧水

洗顔後の肌は、汚れと一緒に肌のバリアでもある皮脂や天然保湿成分も洗い流されるので乾燥しやすい状態になります。洗顔で失われた水分をたっぷり補給して乾燥から肌を守りましょう。

化粧水の目的・・・肌に水分を補給して潤いを保つ事です

肌に潤いがなければ乾燥したヨレヨレ肌になってしまいます。人間の水分量は成人で約60〜75%で、生まれたときは約80%くらいだそうです。それが年齢とともに減少し70歳頃には60%前後まで下がるそうです。赤ちゃんの肌が弾力に富み、潤いがあるのは、水分量が多いためです。肌の潤いのために水分補給をしっかりしましょう。



化粧水の種類

化粧水の成分は平均して約90%が水分、残り約10%が保湿成分でできています。その成分の種類や量によって化粧水の種類が分類されます。

収れん化粧水=アルコールの配合量が多く、そのアルコールによって、過剰な皮脂や汗を一時的に分解し、分泌を抑えるものです。使用後のさっぱり感が特徴ですが、ドライ肌の人は極力使用しないほうがいいでしょう。またオイリー肌の人も、顔全体に使用するのではなく、Tゾーンや鼻など気になる部分のみに使用したほうが良いでしょう。
柔軟化粧水=最も保湿効果の高い保湿剤です。ヒアルロン酸などの有効成分が含まれていて、角質内の水分を蒸発させないようにします。普通肌や乾燥肌の人向きといえるでしょう。洗顔後は、NMF(ナチュラル・モイスチュアライジング・ファクター)という天然の保湿成分が流れ落ちていますのですぐに水分補給をしてください。

基本的に洗顔後の水分補給には、肌質に関係なく、柔軟化粧水や保湿化粧水といったノーマル肌用の化粧水を使用するといいでしょう。その上で、部分的に気になるところに収れん化粧水を使用するのが良いと思われます。また、オイリー肌の人が、少しでも化粧を長持ちさせたい時などに、メイク前に収れん化粧水を使うと効果的です。
その他に、敏感肌用の化粧水などがありますが、敏感肌用のものはノーマルタイプのものにくらべて有効成分がカットされています。アレルギー体質の方以外はノーマルタイプでいいでしょう。


化粧水のつけ方
洗顔後、手またはコットンにたっぷりとり、肌全体につけます。その後、軽くたたくようにパッティングします。手でもコットンでも効果は変わりませんが、手で行う場合は、手をきれいに洗って清潔にしておくように。化粧水はとにかくたっぷり使うことがポイント。しっかり水分を補いましょう。

この特集の商品を見る