情報チャンネルBITSUHAN

ようこそゲスト様

美容業界でいちばんHOTなビューティーエッセンス(情報)を生中継!


アロマテラピーマッサージオイルの作り方!
直接肌につけるマッサージのエッセンシャルオイルは必ず薄めて使います。このときのキャリアオイルに対するエッセンシャルオイルの比率は0.5〜15%を目安にすると良いでしょう、(日本人の場合)個人の症状やオイルの特性などによってオイルの配分は変わってきますが最高濃度だけは超えないように注意しましょう。特に敏感肌の方は最低量から初めて少しずつ多くしていくのが一番安全! ■材料
キャリアオイル(ホホバ)……30ml
エッセンシャルオイル…………6滴

■作り方
・容器にキャリアオイルを入れエッセンシャルオイルを6滴加え、
よく混ぜ合わせます。
・ガラス製の遮光ビンにできあがったマッサージオイルを入れます。
このとき用途や製造年月日を記入しておくと後で便利です。
※マッサージオイルは作り置きをせず2〜3週間で
使い切るようにしましょう。
※ふたをしっかり閉め必ず冷暗所で保管します。
35℃以上になる場所での保管はさけてください。
エッセンシャルオイルの
適正濃度!


フェイシャル用…1〜2%
ボディ用…2〜3%
髪…3%
※敏感肌・初めてお使いになる方
は1%を限度としてください。

1%のオイルって何滴?
キャリアオイル30mlの場合

・1%相当のml数を算出
30ml×0.01=0.3ml
・1滴=0.05mlを基本に滴数を算出
0.3ml÷0.05ml=6滴
アロマテラピーキャリアオイルについて
キャリアオイルって何??

マッサージオイルを作るのに欠かせないキャリアオイル。
エッセンシャルオイルを皮膚の内部までスムーズに運ぶから
「キャリア」(=運搬)オイルと呼ばれています。
もちろんキャリアの仕事はそれだけではありません。
キャリアオイル自体もビタミンやミネラルなど有効成分を持ち
エッセンシャルオイルと一緒になって心身に働きかけてくれます。
そこで代表的なキャリアオイルをご紹介します。
ただ何種類もそろえるのは大変なので万能的役割を
果たしてくれるもの1が番!美通販のおすすめは
「ホホバ」顔を含め全身に使用できるのよ!

★ファーナスオイル
大豆とトウモロコシを原料に精製した日持ちの良いオイル。無臭無色でさらっとした使用感。

★マカデミアナッツオイル
マカデミアナッツから抽出したオイル。しっとりとした感触でのびがよい!

★アーモンドオイル
最も古い化粧成分の1つ。皮膚の柔軟剤、保湿剤としてよく含まれています。

★カロフィラムオイル
マダガスカル産のオトギリソウ科テリハボク属の種子からとれるオイルで発疹、
水虫、痔などを好転させるのに効果的
美通販のオススメ!
★ホホバオイル
主に半砂漠地帯で栽培されている植物「ホホバ」の種から採取したオイル。。べたつかないので使い心地満点!しかも浸透力・保湿力にとても優れています。 皮膚をしっとりさせる効果もあって顔を含め全身に使用できるの万能オイル! 100nl

他にもこんなオイルがあるよ!
★スイートアーモンドオイル
皮膚を柔らかくする効果があるオイル。ビタミン、ミネラル、など栄養分をフォローします。
★グレープシードオイル
ブドウの種から採取したビタミンオイル。皮膚への刺激がとても少ない上に日持ちがよいオイルです。
★アボガドオイル
やや重たいオイルでビタミンA、Bを豊富に含み乾燥肌や日焼け後のお手入れに適しています。
★小麦胚芽オイル
豊富に含まれたビタミンEが働き血液循環を促進。肌の老化防止に効果的。日持ちがよい(酸化しにくいオイル)です。
★オリーブオイル
冷温圧迫法で採る1番絞りのオイル。ビタミンA、E、不飽和脂肪酸を豊富に含み皮膚を柔らかくする効果があります。
★ローズヒップオイル
ローズヒップの種からとれるオイルで不飽和脂肪酸を多く含んでいるので老化防止に最適!皮膚疾患、色素沈着の肌改善にも…
★ピーナッツオイルV(ピーチカーネルオイル)
古代ローマ時代から皮膚や頭髪の健康のため用いられてきたオイル。果実の核から抽出され飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸の両方を含み脂肪に活力を与えます。甘い香りでさらっとした感触
★ボラージオイル
必須脂肪酸を強化し老化を防いでくれます。湿疹や疥癬、ホルモン異常の解消にも効果的。
★プリムラオイル・ メマツヨイグサオイル
良質の必須脂肪酸を多く含み酸素の活動を助けて湿疹や炎症を改善。北米インディアンは7000年前からこの葉で抗炎症剤を作っていたとされています。


▼戻る